ハースストーン研究ノート

ハースストーンの攻略記事です。自分がデッキを使ってみて感想をブログに残しています。ランクは最高レジェ2桁です

レジェ2桁目指した進捗 今環境に思う事

今日はがっつりラダーを回した結果148位まで来たのですが、そこから負けがこんで200台に戻ってしまいました。アグロドルイド翡翠ドルイドが多く、ドルイドしかいない状態でした。

f:id:x19736cwne:20170731022124p:plainなんかレジェ100台の方はラダーの回り方も徹底していて最速でかぶせデッキを選択する人が多く、自分も真似したらたまたま不利マッチを多く引いてしまったといった感じです。

今日はコントロールウォリがちょくちょく存在し、とても面白そうだったので使ってみたい欲がかなり出ましたね。フィボナッチのデッキなのかな?

 

今更ですが、今環境は3点をたたき出せることがものすごく大事なんだなと思っています。3点が出ると、シャーマンのトーテム、メイジの序盤、マーロックの戦隊長とか結構キーとなるミニオンたちを処理できてしまうからです。だから海賊、パラディンなどがずっと強かったのかなぁ。

今回の環境はいろんなデッキがいてすごく楽しかったので今日でみんなガチでやるのが終わりと思うと寂しいです。また新弾がでるまで、いろんなデッキを触って今環境に別れを告げます。

 

ここ数日大流行、秘策メイジについて

最近アジア鯖ではメイジが大量発生しています。

というのも秘策メイジで日本人がアジア1位を取ったり、いろいろほかの人もメイジで結果を出しているからですね。

今回は秘策メイジについて紹介したいと思います。

このリストはsurennderという有名なプレイヤーがレジェンド5位になったときに使っていたデッキです。ahirunさん(海外のハースの情報を夜中でもすぐに上げてくださるすごい人)の記事で読みました。f:id:x19736cwne:20170729151614p:plain

 

秘策メイジの特徴

秘策メイジはものすごく前のめりに攻める超攻撃的デッキです。序盤のマナワーム、魔法学者、キリントアのメイジ+秘策の動きができれば序盤に負けることは早々ないので

ガンガンフェイスを殴りに行きます。

序盤からフェイスを殴りに行けるのは序盤のミニオンで攻めきれなくてもダメージスペルがあるからなんとかなってしまうからですね。序盤でミニオンでガンガン攻め、途中からダメージスペルでごり押しするのが秘策メイジの立ち回りです。

終盤は基本的に弱いので、メディブを入れる型が昔から流行っていましたが、最近魔力の巨人を入れるのが流行ってから序盤の攻撃力が増して大流行している形です。ワンチャンをかけてのヨグもよく見かけます。

秘策メイジの弱点

秘策メイジの弱点は序盤の攻めをしのぎ切られることです。

さすがに序盤で全然ダメージを与えられなければバーンがあるとはいえ、勝てません。

具体的にはウォリアーの2マナ武器で魔法学者とキリントアを取られたらもうきついです。あとは翡翠ドルも後半になるにつれめちゃくちゃライフを回復するようになるので短期決戦を挑まなければなりません。

秘策メイジのマリガン

序盤の動きを決めたいため

マナワーム 魔法学者 キリントアのメイジを探しに行きます

おしゃべりな本は1マナでキープしたくなりますが、最初に出してうれしいかといえばうれしくないので基本返しています。

メイジミラーでのタフネス3族、アグロドルの獰猛なヒナのような序盤で終わらせにくるタイプにはフロストボルトもキープします。

秘策メイジの使用感

けっこうオラオラしても許されるデッキだし、魔力の巨人を出すというデカブツを出す喜びも味わえるアドレナリンが出やすいデッキです。

海賊やアグドルのような序盤で勝つのも負けるのも決まってしまうデッキは嫌だけど、それでもガンガン行きたい人には最適ですね。

ハイレベルなスタンダードデッキのような印象もあります。

エレメンタル翡翠シャーマンの使用感について

このところエレメント翡翠シャーマンをずっと使ってて思ったことを書きます。

これが最近よく使っていたリストです。

f:id:x19736cwne:20170727021027p:plain

・デッキ説明

このエレメント翡翠シャーマンはミッドレンジ寄りのもので比較的翡翠の数も多い形になっています。デッキの見た目的には退化もあるし翡翠も多いしライトニングボルトもカエルにするカードも入ってて完璧じゃん!って感じがかなりしていたのですが、実際回してみるとかなりの器用貧乏で、誰とでも戦えるが誰でも負けれるものすごく中途半端な存在だなと感じました。ただこれは俺のプレイングが下手なだけで、このデッキ本来の力を発揮できてないからかもしれません

 

具体的には、海賊に対しては退化や雷撃など、除去がかみ合っているので相手はしやすいですが、アグロドルイドに対してはデッキ内に様々な回答が入っているにも関わらず引けずに負けるという事がかなり多かったです。(ヒナが通っちゃったりヒドラに呪術を被せられなかったり、動き出すマナ+全体1/1バフに対しては退化しか完全な回答はなかったり)

フリーズメイジに対しても中途半端な回復しかなくて、ジンユー、カリモスが都合よく出せる状況じゃないとぽっくりいってしまいがちで、秘策メイジもしっかり止めれるかといえば微妙。

デッキの見た目の完成度のわりに実践値が感じられなく、すごく不思議な感じのデッキで、少し前に回していたコントロール寄りのエレメンタル翡翠シャーマンのほうがメリハリがついていていいのかなという感想です。

改善案はもうちょっと軽めにすればアグドルにも翡翠にも対応できるのかもしれないが、あまり軽くしすぎると進化シャーマンでよくない?とも言えます。

爆発力、ワンチャン力は圧倒的に進化シャーマンなので...

 

・コントロールのお話

コントロール寄りにすると、火山噴火を入れることになり、これが完全なヒドラ殺しになって火山噴火2、ライトニングボルト2と、アグロに対して相当強い構えをとることができてほぼ負けない組み合わせになります。

逆に、翡翠ドル、(あまり流行ってはいないが翡翠ローグも)に対しては完全に火山噴火が腐るので、相手に時間を与えてしまいやすく相手が相当事故らない限りはほぼ負けになります。

翡翠ドルは今日も結構レジェ上位報告を聞いたので、まだ数は減っていません。まだまだこのデッキは気分よく回せる環境じゃないですね。

 

ハースのサーバーが落ちちゃって今日はもう試せないので、また明日レジェ2桁目指して頑張りたいです。

エレメンタル翡翠シャーマン

最近はエレメンタル翡翠シャーマンにはまっています

エレメンタル翡翠シャーマンは何週間か前にエレメンタル属性が増えるアップデートで注目され最近使われているデッキです。

ミッドレンジとコントロール2つのタイプのデッキが存在していてカリモスを入れ、そこから今までの進化シャーマン風に行くか、火山噴火でアグドルや海賊をメタるか、など結構デッキの幅が多いです

 

今日は遅いので近況報告だけでも...

 

コントロールパラディン

最近はコントロールパラディンにはまっています。

リストはkolentoが使っていたレシピのハリソンをウーズに変えています

 

f:id:x19736cwne:20170718024207p:plain

使用感はどんなデッキにも戦えるオールラウンダーといった感じで大体のデッキとは戦えるけども翡翠ドルと挑発ウォリにはかなりきついデッキかな。

海賊ウォリは勝ちやすいがアグロドルは動き出すマナのせいでそこまで有利か怪しい

流行りのミラクルローグも相手にやりたい放題させるため不利

翡翠ローグは断末魔がかなりつらく、ほとんど勝てない

最近はアグロ、ミッドレンジが多いので使えるデッキですね

今かなり強いフリーズメイジに対してしっかり回答があるのがいいポイント

一番面白いと感じるところは手札が多くなるため選択肢が多くなりやすいところで、プレイングが活きやすい事。

 

覚え書きも兼ねて対フリーズメイジの動きを考えます

まずマリガン時点では秘策メイジもいないことはないのでそこも考えると

初手で欲しいところは

水文学者 暴走コドー が必ず欲しい

次点で3マナ帯がマナカーブに沿うように欲しい

パイロマンサーをキープするかどうかはまだ決めかねています

対フリーズメイジはアレクストラーザというライフを強制的に15にするカードをいかにフリーで出させないかがキモで、アレクを食らってすぐに回復できる用意さえしておけばかなり安定します。

理想の処理は平等で刈り取りそのターンにラグナロスで回復or禁じられし癒し

コドーがあるのでフリーズ週末預言者にも耐性がありガンガン攻めれる

 

翡翠と挑発以外にはけっこう楽しいデッキなのでおすすめですね。

 

 

 

 

 

 

動物園ドルイド

動物園ドルイドを練習したので感想を書きます。画像はahirunさんが紹介していたNickChipperが使っていたものです。

f:id:x19736cwne:20170410013310p:plain

なかなか楽しそうで使用していましたが、今の環境においては色々としんどい所が多いデッキなのかなと感じました。

2ターン目3ターン目に出したいカードが少なく、練気がないと序盤でもたもたしてしまうのが印象的で、序盤でマーロックをキープするかどうかの判断が難しいデッキです(六丸やキュレーターを考えると)

序盤にけっこうテンポをとられてしまうために後手後手になってファンドラルが決まりにくかったり、滋養のタイミングがないじゃんとか思ったり。

シェルシフターや緑なすロングネックを隠れ身にして監視員で増やすのが強みであり面白いところで、そこに烙印をつけることでアドを稼いでいくデッキです。

今の環境はローグウォーリア、ハンター、沈黙プリーストがちらほらいて、べらぼうに有利だなと感じるマッチングが少なかったように感じるので、もうちょっと寝かせてから使いたいなという感想です(要はあんまり勝てなかった)

マリガンの正解が難しかったので、まだまだ伸びしろは全然あるとは思います。